読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

売木村 うるぎ温泉 こまどりの湯

長野県下伊那郡売木(うるぎ)村

うるぎ温泉 こまどりの湯にお邪魔しました

こちらは国道418号より少し入ったところにあります

f:id:poseidonttzr:20161230113242j:plain

f:id:poseidonttzr:20161230113413j:plain

f:id:poseidonttzr:20161230113547j:plain

 

国道から坂を上って行くとこまどりの湯があるのですが

その入口脇には以前訪ねた

茶臼山温泉 湯元 塩吹館への抜け道もありました

f:id:poseidonttzr:20161230114144j:plain

 

場所こちら

駐車場に車を停め、奥にある施設に向かうのですが・・・

f:id:poseidonttzr:20161230114517j:plain

 

↑ 駐車場の脇にあったこの看板

月の家圓鏡のふるさと売木村です

これっててっきりテレビやCMで以前よく見かけた月の家圓鏡さんのことかと思ったら

f:id:poseidonttzr:20161230115000j:plain

f:id:poseidonttzr:20161230115023j:plain

 

↑ この方は実は五代目月の家圓鏡さんらしく

売木村出身の圓鏡さんは四代目の方だそうです

ごめんなさい 四代目は存じません・・・

なんか看板の人物漫画も五代目圓鏡さんの

キャッチフレーズ『ヨイショ』って言ってる感じがするのですが

非常に紛らわしい絵です

で、四代目の方はウイキペディアで見ると横浜市の出身になってます

一体これはどういうこと何でしょうね?売木村さん?

(五代目圓鏡さんは東京都江戸川区出身です)

f:id:poseidonttzr:20161230120326j:plain

f:id:poseidonttzr:20161230120418j:plain

f:id:poseidonttzr:20161230120529j:plain

 

駐車場の前の売店はいかにもず~~と営業してない感じ・・・

寂しい売店の奥に施設の入口

なんともほんと公共施設なような造り

まあここは村営施設だから仕方ないのですが、温泉の雰囲気は正直ありません

f:id:poseidonttzr:20161230122010j:plain

 

玄関で靴を脱ぎ、受付横の入浴券自販機にて券を購入し受付に提出します

 

営業時間 午前9時~午後9時 受付は午後8時30分まで

※冬期営業期間
11月16日(水)から翌年2月28日(火)の間
午前10時~午後8時(受付は午後7時30分まで)

料金   大人500円

休館日  毎週木曜日 

     年末年始 12月29日~1月1日

 

受付横奥にお風呂場があります

f:id:poseidonttzr:20161230122758j:plain

f:id:poseidonttzr:20161230122904j:plain

f:id:poseidonttzr:20161230123018j:plain

f:id:poseidonttzr:20161230123120j:plain

 

やや簡素な脱衣所で服を脱ぎ、さあ温泉にGO! 

 

はいってすぐわかるお湯のよさ
信州南端、星ふる里の小さな温泉。
新緑を眺めながらの露天風呂が楽しみを倍増させてくれます。
●泉質
ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物温泉

↑ HPより

f:id:poseidonttzr:20161230124851j:plain

f:id:poseidonttzr:20161230124510j:plain

f:id:poseidonttzr:20161230124636j:plain

f:id:poseidonttzr:20161230124749j:plain

f:id:poseidonttzr:20161230124959j:plain

f:id:poseidonttzr:20161230125123j:plain

f:id:poseidonttzr:20161230125621j:plain

f:id:poseidonttzr:20161230125732j:plain

 

すいません 浴室内は湯気が充満しており写真の画質は良くありません

内湯には打たせ湯はじめサウナ・水風呂など一通り揃ってます

客入りも多く意外に賑わってます

湯温はやや熱めになってます

(寝湯のみがぬるめになってます)

f:id:poseidonttzr:20161230130134j:plain

f:id:poseidonttzr:20161230130230j:plain

f:id:poseidonttzr:20161230130333j:plain

 

曇りガラスの向こうには庭園が見えるだけです

お湯の良さは入ってすぐにはわかりませんでしたw

正直謳(うた)うほど感じるものはないのですが・・・

 

新緑の時期ではないので露天風呂の楽しさはわからないのですが

f:id:poseidonttzr:20161230130914j:plain

f:id:poseidonttzr:20161230131024j:plain

f:id:poseidonttzr:20161230131122j:plain

f:id:poseidonttzr:20161230131242j:plain

 

露天風呂も湯温は熱めになってます

冬のこの時期は首から上が吹く風によってめっちゃ寒いのですが・・・

そのお蔭で熱い湯も我慢出来ますw

景色も立って見ないと何も見えず、立って見たところで余り面白味のない風景です

f:id:poseidonttzr:20161230131653j:plain

 

正直同じ売木村の温泉に入るなら茶臼山温泉 塩吹館の方がよろしいです

塩吹館の方がのんびりゆっくり出来ます

間欠泉もありますから、わたくしそちらをお薦めするのですが・・・

 

良かったらどうかご自身でお確かめになって見て下さいませ

 

 

飯田市 天竜峡温泉 龍峡亭

先回訪れた長野県下伊那郡阿南町

和知野温泉 和知野生活改善センター

地区の方とおしゃべりした際に会話に出て来た

天皇陛下が私的旅行で同郡阿智村昼神温泉を訪れたとのことでしたが

その際、昼食を飯田市天竜峡温泉 龍峡亭にて取られたとのことです

f:id:poseidonttzr:20161226123510j:plain

 

龍峡亭と言えば、以前同郡下條村下條温泉 加賀美にお邪魔した際

最初に日帰り入浴にお邪魔した施設です

その時は龍峡亭は臨時休業で入ることは出来ませんでしたが

今回再び天皇陛下も訪れたと言うことで再チャレンジしてみました

(残念ながら天皇陛下はこちらで日帰り入浴されてません)

 

こちら龍峡亭の凄さは天竜川の渓谷沿いにそびえるように建っていること

f:id:poseidonttzr:20161226104626j:plain

 

↑ これは近くの天龍峡遊歩道つつじ橋から見たもの

こんな崖っぷちに施設は建っており

反対館内から見る景色も良いだろうと思ってました

 

こちらの施設には県道492号から細い道を入って行きます

f:id:poseidonttzr:20161226105519j:plain

 

路地を入って行くと左手に大きな駐車場があります

そこに車を停め、歩いて龍峡亭へと向かいます

f:id:poseidonttzr:20161226105740j:plain

f:id:poseidonttzr:20161226105840j:plain

 

駐車場から数分で龍峡亭に着きます 場所こちら

f:id:poseidonttzr:20161226110110j:plain

f:id:poseidonttzr:20161226110449j:plain

f:id:poseidonttzr:20161226110656j:plain

f:id:poseidonttzr:20161226110805j:plain

 

館内に入りスリッパに履き替えフロントにて日帰り入浴を申し込みます

(日帰り入浴客はスリッパに履き替えなくてはいけないそうです)

 

入浴時間 11時~15時

入浴料   700円

 

この日は一番客だったらしく

『お風呂にシートが張ったままなんですが・・・』

と申し訳なさそうに綺麗な着物姿の若女将さんに言われたのですが

シートを剥がすのは何でもないことですから、快く了解します

料金を支払った際に若女将さんに天皇陛下のことをお聞きしたのですが

お忙しいようで余り多くは語ってもらえませんでした・・・

(若女将さんのブログ(若女将のブログ)に

天皇陛下立ち寄りの記事があります)

宿のHPこちら

f:id:poseidonttzr:20161226112409j:plain

f:id:poseidonttzr:20161226112509j:plain

 

フロントから奥に進み一階下りた先にお風呂場があります

f:id:poseidonttzr:20161226113219j:plain

 

こちら時間によって宿泊客の男女湯入れ替えがあるそうですが

この時の女湯はこの男湯の裏側にありました

f:id:poseidonttzr:20161226113511j:plain

 

↑ 日帰り入浴でこちら側に当たると全く景色が見えないそうです

それは勘弁ですよね

f:id:poseidonttzr:20161226113007j:plain

f:id:poseidonttzr:20161226113855j:plain

f:id:poseidonttzr:20161226114003j:plain

f:id:poseidonttzr:20161226114502j:plain

f:id:poseidonttzr:20161226114621j:plain

f:id:poseidonttzr:20161226114716j:plain

 

では服を脱ぎ、早速温泉にGO!

 

泉質 単純弱放射能温泉

効能 神経痛  筋肉痛 慢性消化器病 慢性皮膚病 慢性婦人病 動脈硬化 高血圧

f:id:poseidonttzr:20161226115112j:plain

f:id:poseidonttzr:20161226115227j:plain

f:id:poseidonttzr:20161226115338j:plain

 

若女将さんに言われた通りお風呂にはウレタンのブルーシートが張られてましたから

一枚づつ剥がさせていただきました

f:id:poseidonttzr:20161226115607j:plain

f:id:poseidonttzr:20161226115742j:plain

f:id:poseidonttzr:20161226115908j:plain

 

お湯はやや熱め 窓からは日差しが差し込んでます

こちら放射能泉(ラドン泉)のため窓の開閉は出来ません

お蔭で浴内には湯気が充満してます

そのためか窓からの景色は予想が外れイマイチでした

f:id:poseidonttzr:20161226120550j:plain

f:id:poseidonttzr:20161226120922j:plain

f:id:poseidonttzr:20161226121121j:plain

 

期待したつつじ橋もぼんやりとしか見えません

(窓ガラスにこびり付いた湯垢も邪魔してます)

(対岸右側にぼんやり見える建物は同じ天龍峡温泉宿 峡泉です

そちらはランチ付きなら日帰り入浴出来ます)

f:id:poseidonttzr:20161226121427j:plain

f:id:poseidonttzr:20161226121519j:plain

 

まあそれでも西側の窓はまだまともでしたが・・・

お風呂に浸かって天龍峡を眺めるには残念な結果となってます

折角の好位置に建っているのですが、中から見るとやはり違うものですね

 

菰野町 国民宿舎 湯の山ロッジ

三重県三重郡菰野(こもの)町にある

国民宿舎 湯の山ロッジ

湯の山温泉の一角にあるのですが、なぜか天然温泉ではありません

温泉を引くことが出来なかったのでしょうか?

不思議なんですが、一方でなぜか日帰り入浴も受け付けてます

今回は人工温泉であるこちらにお邪魔しました

 

場所は湯の山温泉街へと続く県道577号線沿いにあります

三滝川蒼(あお)滝川の合流する個所に宿はあります

場所こちら

f:id:poseidonttzr:20161218161316j:plain

f:id:poseidonttzr:20161218161432j:plain

 

県道から橋を渡って向かいますと駐車場があります

f:id:poseidonttzr:20161218161628j:plain

f:id:poseidonttzr:20161218161938j:plain

 

駐車場の一角に車を停め、館内に向かいます

f:id:poseidonttzr:20161218162130j:plain

f:id:poseidonttzr:20161218162227j:plain

f:id:poseidonttzr:20161218162325j:plain

f:id:poseidonttzr:20161218162513j:plain

f:id:poseidonttzr:20161218162614j:plain

 

館内に入り、スリッパに履き替えフロントへ

f:id:poseidonttzr:20161218163006j:plain

 

平日    11:00~20:00
土・日曜等 11:00~15:00
料金 大人 500円

 

フロント横の通路から奥に向かうとお風呂があります

f:id:poseidonttzr:20161218163327j:plain

f:id:poseidonttzr:20161218163417j:plain

f:id:poseidonttzr:20161218163511j:plain

 

やや狭い感じのする脱衣所で服を脱ぎ、さあ温泉にGO!

とは言えこちらは人工温泉

f:id:poseidonttzr:20161218163710j:plain

 

天然鉱石 光明石(こうめいせき)を使った温泉であります

 

光明石は、岡山県中央部にある阿部鉱山から産出する天然鉱石です。

戦時中に阿部鉱山でラジウムウランを探していた炭坑夫たちの手荒れがよくなり

偶然に発見されました。

それからは地元の人がお風呂に入れるなどの利用をされてきた貴重な石です。

 

人間の体にとって欠かすことのできない元素を必須ミネラルといいます。
その必須ミネラルとは16種類あり、光明石には8種類含まれています。

f:id:poseidonttzr:20161218164323j:plain

f:id:poseidonttzr:20161218164413j:plain

 

お風呂はさほど大きくはありません

と言うかお風呂の真ん中にある柱がめっちゃ邪魔ですw

これが余計に狭く感じさせます

f:id:poseidonttzr:20161218164637j:plain

 

↑ HPより画像お借りしました

このように真ん中に邪魔な柱がありますw

f:id:poseidonttzr:20161218164951j:plain

f:id:poseidonttzr:20161218165044j:plain

f:id:poseidonttzr:20161218165410j:plain

f:id:poseidonttzr:20161218165515j:plain

f:id:poseidonttzr:20161218165612j:plain

 

湯温はやや熱め

この日は宴会客が多く見えてました

人工温泉と言えどもお風呂を楽しんでみえたようです

(やはり人工温泉でしょうか?硫黄臭などは一切しません)

f:id:poseidonttzr:20161218165917j:plain

f:id:poseidonttzr:20161218170024j:plain

 

正面ガラスの向かうは川をはさんで県道なんですが

県道からはこちら丸見えなんですが、湯気でガラスが曇っているため

覗かれても見えることはないようです

ちなみに女湯は奥のため、県道からはもちろん見られません

横のガラスには目隠しも施されてます

 

湯の山温泉街の穴場と言えるここ湯の山ロッジ

日帰り入浴はのんびり出来ていいのですが、残念ながら天然温泉ではありません

ちょっと不思議な施設です

f:id:poseidonttzr:20161218170808j:plain

天龍村 天龍温泉 ふれあいステーション 龍泉閣

長野県下伊那郡天龍村にある天龍温泉

日帰り入浴専門施設としておきよめの湯があるのですが

今回は敢(あ)えてそこからの運び湯である

ふれあいステーション 龍泉閣にお邪魔してきました

 

こちらは国道418号沿い 

JR飯田線 平岡駅に隣接されてるところです

場所こちら

f:id:poseidonttzr:20161211113853j:plain

f:id:poseidonttzr:20161211114056j:plain

f:id:poseidonttzr:20161211114153j:plain

f:id:poseidonttzr:20161211114526j:plain

f:id:poseidonttzr:20161211114630j:plain

 

こちらの建物の4階展望風呂があるのです

f:id:poseidonttzr:20161211114845j:plain

 

駐車場のそばには運び湯をするタンク車も停まってました

車を停め、エレベーターで4階へと上がります

f:id:poseidonttzr:20161211115133j:plain

f:id:poseidonttzr:20161211115239j:plain

f:id:poseidonttzr:20161211115351j:plain

f:id:poseidonttzr:20161211115447j:plain

 

4階でエレベーターを降りるとすぐに入浴券自販機があります

そこで入浴券を購入して、無人の受付上の入浴券投入口に券を入れます

 

平日は午後4時~午後9時半 (※受付午後9時)
土日祝日は正午~午後9時半 (※受付午後9時)

入湯料 大人300円

 

↑ はHPからの丸写しなんですが

現地では終了時間は午後10時になってました

どうやらHPが訂正されてないようです

入浴するには実にシンプルですw

人に会わずに入浴することが出来ますw

f:id:poseidonttzr:20161211120600j:plain

f:id:poseidonttzr:20161211120802j:plain

f:id:poseidonttzr:20161211120909j:plain

f:id:poseidonttzr:20161211121026j:plain

 

↑ 入浴券を入れたでしょうか?集計が大変うんぬん・・・

いやいやなんで?集計のことをこちらが気にしなくてはいけないの?

自販機で何枚売れたのかわかんないのでしょうか?

無人にしてるわりには細かいこと注意してます

でもそれ(集計すること)がお仕事じゃあないの?

お客に集計手伝わせて何言ってんでしょうね?

これだけは意味不明でした・・・

 

それはさておき、早速温泉にGO!

 

泉質:アルカリ性単純温泉
効能:神経痛、筋肉痛、冷え性、疲労回復、健康増進等

f:id:poseidonttzr:20161211121840j:plain

f:id:poseidonttzr:20161211122149j:plain

f:id:poseidonttzr:20161211122944j:plain

f:id:poseidonttzr:20161211123103j:plain

 

お風呂はほんと内湯のみです

お湯はやや熱め 

アメニティがお茶の匂いのするもの

これよく見かけるのですが、匂いがすぐに浴室内に充満するんですよね

途端に温泉の匂いも吹っ飛んでしまうから嫌なんですよね

お茶の匂いがきつ過ぎます

製造メーカーさんご一考願います

わたくしだからこれが温泉にあると使いません

多分温泉ファンには不評だと思います

f:id:poseidonttzr:20161211123912j:plain

f:id:poseidonttzr:20161211124007j:plain

f:id:poseidonttzr:20161211124116j:plain

f:id:poseidonttzr:20161211124220j:plain

f:id:poseidonttzr:20161211124321j:plain

 

さて展望風呂だと謳(うた)ってはいるのですが

お風呂に入って見えるのは山の上だけ

目隠しのすりガラスと洗い場の壁が邪魔してます

立ち上がって覗くしか風景は見えません

4階にあるのだから目隠しは最低限でいいのですが

これで展望風呂と呼ぶにはちときついですね

まあ係員とお客さんが少ないのでゆっくりは出来るのですが

満足度は低いです・・・

f:id:poseidonttzr:20161211124948j:plain

f:id:poseidonttzr:20161211125124j:plain

 

お風呂受付横からは駅ホームも見えました

f:id:poseidonttzr:20161211125324j:plain

f:id:poseidonttzr:20161211125426j:plain

 

愛知県豊橋市のんほいパーク(豊橋総合動植物公園)内に

南信州の足湯が出来たそうです

お近くの人は行ってみてはいかがでしょう?

南木曽町 柿其温泉 やきやまの湯 渓谷の宿 いちかわ

長野県木曽郡南木曽(なぎそ)町にある

柿其(かきぞれ)温泉 やきやまの湯 

渓谷の宿 いちかわお邪魔しました

 

こちらは国道19号から奥に入った場所にあります

f:id:poseidonttzr:20161210175450j:plain

 

国道沿いにもしっかり案内看板はあります

柿其入口信号交差点から入り

JR中央本線 十二兼(じゅうにがね)駅方面へと入り

木曽川を渡り柿其渓谷を目指して坂を進みます

f:id:poseidonttzr:20161210180250j:plain

f:id:poseidonttzr:20161210181118j:plain

f:id:poseidonttzr:20161210181505j:plain

f:id:poseidonttzr:20161210182017j:plain

f:id:poseidonttzr:20161210182712j:plain

 

 ↑ 柿其渓谷との分岐を間違えなければ、残り800メートルで宿に着きます

f:id:poseidonttzr:20161210183320j:plain

f:id:poseidonttzr:20161210183542j:plain

f:id:poseidonttzr:20161210184202j:plain

 

駐車場に車を停め宿へと向かいます 場所はこちら

f:id:poseidonttzr:20161210184808j:plain

f:id:poseidonttzr:20161210185356j:plain

f:id:poseidonttzr:20161210185651j:plain

f:id:poseidonttzr:20161210190239j:plain

f:id:poseidonttzr:20161210190658j:plain

 

営業 午前10時~午後8時

料金 大人800円

 

玄関の料金表は750円になってますが、実際は800円です

どうやらずっと訂正されてないようですw

HPにも800円とされてます

なお宿は不定休のため、訪れる前に確認した方がよいです

f:id:poseidonttzr:20161210191559j:plain

f:id:poseidonttzr:20161210192035j:plain

f:id:poseidonttzr:20161210192744j:plain

f:id:poseidonttzr:20161210194130j:plain

f:id:poseidonttzr:20161210194451j:plain

f:id:poseidonttzr:20161210194926j:plain

f:id:poseidonttzr:20161210195226j:plain

 

こちら信州秘湯会の会員宿でもあります

でも肝心の信州秘湯会HPにはこちらは紹介されてない不思議w

こじんまりした脱衣所で服を脱ぎ、さあ温泉にGO!

f:id:poseidonttzr:20161210205030j:plain

f:id:poseidonttzr:20161210195750g:plain

 渓谷の中にひっそりと佇む秘湯。
清々しい新緑と山菜の春、爽やかな夏のせせらぎ
美しい紅葉と秋の味覚、そして冬の湯治。
ゆったりとした時を
心ゆくまでお楽しみください。
日本に数少ないラドンの酸性泉です。 

f:id:poseidonttzr:20161210205251j:plain

f:id:poseidonttzr:20161210205502j:plain

f:id:poseidonttzr:20161210205820j:plain

 

内湯ひとつのお風呂です

床はほんと滑りやすいので注意して下さい

お湯はやや熱め 

窓の外は野原と山 真下には池が・・・

f:id:poseidonttzr:20161210211739j:plain

f:id:poseidonttzr:20161210211922j:plain

f:id:poseidonttzr:20161210212059j:plain

 

もう少し早ければ立派な紅葉が見えたかも知れません・・・

でも思ってた以上に景色は良かったです

ほんと山奥の一軒宿ですが、のんびり出来る温泉宿でした

 

飯田市 水晶山温泉 満願成就の湯

長野県飯田市にある温泉です

伊那谷(いなだに)道中かぶちゃん村併設されている

日帰り入浴専門施設 水晶山温泉 満願成就(じょうじゅ)の湯

f:id:poseidonttzr:20161204161016j:plain

↑ HPよりお借りしてます

わたくしは名古屋方面からですから園原インターより向かったので

インターから5分では着きませんでしたw

県道234号線沿いの山の中にある施設です 

一応地図ではこちらです

f:id:poseidonttzr:20161204161723j:plain

f:id:poseidonttzr:20161204161847j:plain

f:id:poseidonttzr:20161204162030j:plain

f:id:poseidonttzr:20161204162131j:plain

 

県道から施設に入り、右手にあるのが温泉施設です

駐車場に車を停め、早速お邪魔してみます

f:id:poseidonttzr:20161204162327j:plain

f:id:poseidonttzr:20161204162712j:plain

 

階段を下りて玄関を入り、鍵付き下駄箱に靴を入れ

受付前の入浴券自販機にて券を購入します

 

■ 営業時間  11:00~21:00(最終受付20:00)

■ 定休日   火曜日
■ 入湯料金  大人(中学生以上):800円

 

入浴券を受付に提出し、教えられた階段からお風呂場へと進みます

(下駄箱の鍵は持ったままです)

こちら受付からお風呂まで距離が非常にあります

更に下って行くことになります

f:id:poseidonttzr:20161204163513j:plain

f:id:poseidonttzr:20161204163611j:plain

f:id:poseidonttzr:20161204163722j:plain

f:id:poseidonttzr:20161204163830j:plain

f:id:poseidonttzr:20161204163947j:plain

f:id:poseidonttzr:20161204164111j:plain

f:id:poseidonttzr:20161204162502j:plain

f:id:poseidonttzr:20161204164247j:plain

f:id:poseidonttzr:20161204164345j:plain

 

階段を下りて休憩所の横・食事処の横を鯉のいる池を囲むように歩き続けると

やっとお風呂場です

ちなみにこちらは洞窟風呂のあるお風呂とサウナのあるお風呂が

営業日によって男女入れ替えになってます

 

■ 洞窟風呂  偶数日:男性 奇数日:女性
■サウナ風呂 偶数日:女性 奇数日:男性

 

この日はサウナがある方が男湯でした

ちなみに洞窟風呂はこんなん ↓ だそうです

f:id:poseidonttzr:20161204164916j:plain

 

では脱衣所へ・・・

f:id:poseidonttzr:20161204165140j:plain

f:id:poseidonttzr:20161204165247j:plain

f:id:poseidonttzr:20161204165435j:plain

f:id:poseidonttzr:20161204165544j:plain

 

脱衣所の窓からは露天風呂も見えてます

ここは寒い地域、脱衣所にあるストーブにはもう火が入ってました

では早速服を脱ぎ、温泉にGO!

 

水晶山の麓、コンコンと湧き出るお湯は、美肌に効果あるとされるアルカリ性単純泉

大鹿村産の青石でつくられた露天風呂や水晶を配した洞窟風呂

サウナもある純和風建築の温泉施設は池や庭園に囲まれ、心身をやさしく癒します

 

●泉質/アルカリ性単純温泉(低張性弱アルカリ性低温泉) 
●知覚的な特徴/無色透明、硫化水素臭を有す 
●溶存物質/0.1451g/kg ●湧出量/210ℓ/分 ●pH値/10.0 
●源泉温度/27.6℃ ●飲用/不可

f:id:poseidonttzr:20161204170140j:plain

f:id:poseidonttzr:20161204170244j:plain

f:id:poseidonttzr:20161204170713j:plain

f:id:poseidonttzr:20161204170824j:plain

 

内湯に入るといきなり大きな石が置いてあります

その前に大きな浴槽があります

その石の上には水晶らしきものが置いてあります

f:id:poseidonttzr:20161204171103j:plain

f:id:poseidonttzr:20161204171233j:plain

f:id:poseidonttzr:20161204171355j:plain

f:id:poseidonttzr:20161204171501j:plain

f:id:poseidonttzr:20161204171629j:plain

 

浴室入口にある水風呂 余りに小さくてっきり掛け湯か?と間違えるほどですw

f:id:poseidonttzr:20161204171855j:plain

f:id:poseidonttzr:20161204172004j:plain

 

内湯の温度は42℃弱 実際はそれよりぬるめでした

続けて露天風呂にお邪魔します

 

f:id:poseidonttzr:20161204172614j:plain

f:id:poseidonttzr:20161204172731j:plain

f:id:poseidonttzr:20161204172830j:plain

f:id:poseidonttzr:20161204172944j:plain

 

庭園を横目に進むと岩で囲まれた露天風呂です

f:id:poseidonttzr:20161204173239j:plain

f:id:poseidonttzr:20161204173400j:plain

f:id:poseidonttzr:20161204173542j:plain

 

こちらも湯温は42℃ほどですが、実際はもっとぬるく感じました

ぬるめ好きのわたくしのは向いていたのですが

こちらは景色は一切なく、目の前の庭園を眺めるだけです

たまたまモミジの紅葉が綺麗だったのですが

これがないと物足りない景色だったでしょう

折角高台に位置するのにもったいないような造りです

 

こちら平日は意外にお客さんが少なくのんびり出来ました

穴場だとは言えませんがぼちぼちの温泉です

土日は混みそうですから平日に行くのをお薦めします

 

郡上市 湯の平温泉

2年前に一度お邪魔した岐阜県郡上市湯の平温泉に再訪してきました

こちらその間に一度リニューアルしたとのことでしたが・・・

f:id:poseidonttzr:20161123163007j:plain

f:id:poseidonttzr:20161123163108j:plain

f:id:poseidonttzr:20161123163211j:plain

 

場所はこちら

駐車場に車を停め、館内に向かいます

f:id:poseidonttzr:20161123163635j:plain

f:id:poseidonttzr:20161123163735j:plain

 

ちなみに駐車場の角にある温泉スタンド

ず~~と故障中のままとなってますw

どうやら直す気はないようです

f:id:poseidonttzr:20161123164035j:plain

 

玄関入口にある入浴券自販機にて券を購入し

受付に提出すれば受付終了です

 

営業時間 午前10時~午後9時30分(最終受付午後9時)

料金   大人600円

定休日  毎週木曜日

HPこちら

f:id:poseidonttzr:20161123164732j:plain

f:id:poseidonttzr:20161123164828j:plain

f:id:poseidonttzr:20161123165113j:plain

f:id:poseidonttzr:20161123164912j:plain

f:id:poseidonttzr:20161123165001j:plain

f:id:poseidonttzr:20161123165242j:plain

f:id:poseidonttzr:20161123165337j:plain

 

ちょっと殺風景な脱衣所で服を脱ぎ、さあ温泉にGO!

 

神経痛、関節痛、慢性皮膚病、疲労回復など多くの効能を持つお湯にゆっくりと浸り、大自然のマイナスイオンをご堪能ください

泉質/ナトリウム炭酸水素塩・塩化物温泉
ph値/7.43
効能/神経痛、筋肉痛、五十肩、関節痛、うちみ、くじき、きりきず、やけど、冷え性、慢性皮膚病、疲労回復
源泉温度/31.2℃

f:id:poseidonttzr:20161123165718j:plain

f:id:poseidonttzr:20161123165808j:plain

f:id:poseidonttzr:20161123165922j:plain

f:id:poseidonttzr:20161123170041j:plain

f:id:poseidonttzr:20161123170132j:plain

 

内湯二つの浴槽 小さい方はジャグジー風呂となってます

お湯はやや熱め ジャグジーの方がぬるめになってます

f:id:poseidonttzr:20161123172050j:plain

 

2014年の12月にリニューアルを終えたようですが

この内湯部分を一新したそうです

f:id:poseidonttzr:20161123170726j:plain

f:id:poseidonttzr:20161123170802j:plain

f:id:poseidonttzr:20161123171028j:plain

 

↑ 2年前9月にに訪れたときのもの

うん?いったいどこが一新されたかよくわかりませんw

洗い場との間に壁が増えたくらいなんですがw

まさかそれだけ?w

 

こちら謳(うた)い文句は

露天風呂 奥長良の名湯・秘湯 湯の平温泉 です

秘湯であることははまず間違ってますがw、自慢である露天風呂へ・・・

(今回お客さんが多く露天風呂での画像が少ないため

2年前の画像を使用してます 基本何ら変わってませんでした)

f:id:poseidonttzr:20161123171851j:plain

f:id:poseidonttzr:20161123171935j:plain

f:id:poseidonttzr:20161123172452j:plain

 

この露天風呂非常に熱めでした

奥の方が浅く造られてます

f:id:poseidonttzr:20161123172710j:plain

f:id:poseidonttzr:20161123172814j:plain

 

この露天風呂の奥に堰堤(えんてい)があるのですが

その堰堤を指して、以前は滝見の湯と呼んでました

f:id:poseidonttzr:20161123172953j:plain

 

さすがにこれは滝でも何でもありませんw

これを滝と呼ぶのがおかしいと気づいたのか、今はこの看板はなくなってました

以前わたくしが訪れた長野県木曽郡南木曽(なぎそ)町

滝見温泉 滝見の家も実は堰堤を指して滝と呼んでます

こんな嘘っぱちを未(いま)だに続けてみえるようです・・・

f:id:poseidonttzr:20161123174140j:plain

 

この日は多少の紅葉も川の向こうの山に見てとれました

日帰り入浴専門施設だけあってお客さんも多いです

のんびりとはゆかず残念な思いでここを後にしました

f:id:poseidonttzr:20161123174519j:plain