山神のブログ2改

邪道温泉 お湯はぬるめの感がいい♪

輪島市 ねぶた温泉 海游 能登の庄

前回同様 拙アメーバブログ 山神のブログ8

能登半島ぼっち旅8ノットとして紹介させていただきます

 

足湯 輪島温泉 湯楽里(ゆらり)のあとはひとっ風呂

向かったのは

ねぶた温泉 海游(かいゆう) 能登の庄(しょう)

 

場所はこちら

HPこちら

f:id:poseidonttzr:20190711115622g:plain

f:id:poseidonttzr:20190711115644g:plain

石川県輪島市中心街から国道249号を北上いたしますと

その道中に宿があります

f:id:poseidonttzr:20190711120006j:plain

f:id:poseidonttzr:20190711120034j:plain

こちらの日帰り入浴出来る場所は南側の建物となります

f:id:poseidonttzr:20190711120220j:plain

そちらにも専用駐車場があります

f:id:poseidonttzr:20190711120317j:plain

f:id:poseidonttzr:20190711120342j:plain

9:00〜22:00(0歳~小学生 500円 / 大人 700円 15:00以降 800円)

f:id:poseidonttzr:20190711120503j:plain

f:id:poseidonttzr:20190711120529j:plain

f:id:poseidonttzr:20190711122449j:plain

入浴券自販機にて券を購入、受付に提出します

f:id:poseidonttzr:20190711122550j:plain

f:id:poseidonttzr:20190711122616j:plain

f:id:poseidonttzr:20190711122639j:plain

f:id:poseidonttzr:20190711122706j:plain

早速服を脱ぎ、温泉にGO!

ねぶた温泉は、
まるで化粧水に浸かるような良質なアルカリ温泉です。
それが奇跡の湯と呼ばれる由縁です。
PH10.5という日本有数の高質天然アルカリ性泉質で、

その効能は外傷・皮膚病・痔・疲労回復・運動障害・神経症・胃腸病等によく効き、

特に湯疲れ・湯ざめをしにくいのが特徴です。
またツルツルとすべるような湯触りは、古い角質を取り除き、

しっとりとした美しい肌をつくる美容効果があるといわれています。
自家源泉ならではの泉質の良さを是非一度お確かめ下さい。

ゆっくりと疲れを癒す大浴場
露天風呂に併設されている元湯。10数人は余裕で入れるほどの広さを備えています。

思いきり手足を伸ばして、ゆっくりと日頃の疲れを癒して下さい。
とろりと滑らかに肌をすべる元湯のお湯は高質天然アルカリ温泉ならではのもの。

足先から広がる湯の質感に感嘆の声があがります。
お湯から上がったあとの吸い付くようなしっとりとした肌触りは女性に好評です。

f:id:poseidonttzr:20190711123034j:plain

f:id:poseidonttzr:20190711123103j:plain

f:id:poseidonttzr:20190711123133j:plain

f:id:poseidonttzr:20190711123212j:plain

落ち着いた雰囲気の露天風呂
元湯を抜ければその先は露天風呂。
小さな日本庭園に囲まれ、

緑の木々が優しい影を投げかける落ち着いた雰囲気に包まれています。
浴槽の側には池もあり、

夜になると池に反射する燈籠のあたたかな光が幻想的な空間をつくりだします。
満天の星々を見上げながらゆったりと浸かる温泉は格別。
朝に夕にと表情を変えるその景色をたっぷりとお楽しみ下さい。

f:id:poseidonttzr:20190711123335j:plain

f:id:poseidonttzr:20190711123407j:plain

f:id:poseidonttzr:20190711123733j:plain

f:id:poseidonttzr:20190711123800j:plain

f:id:poseidonttzr:20190711123829j:plain

露天風呂はやや小さめで熱め 日本海は残念ながら見えません

(宿泊ですと本館のお風呂に展望風呂があるようです)

アルカリ泉質のようでしたが

わたくしにはさほどツルツル感は感じられませんでした


ねぶた温泉は『寝豚』という字が示すように、昔、弘法大師能登巡錫の折、

傷ついた猪が湯だまりに寝ころんで傷を癒している姿を見て、

この温泉の効能を察し、 入浴をすすめた事に由来しています。


ねぶた温泉のねぶたは地名 寝豚から来てるようです

青森県とは関係ないようですw

 

この辺り、日帰り入浴出来る個所が少ないのが難点

逆に温泉に入れる希少な場所でもあります

能登半島観光の際にはお見逃しなく・・・