山神のブログ2改

邪道温泉 お湯はぬるめの感がいい♪

白山市 岩間温泉 山崎旅館

今回の目的はふたつ
石川県白山市 岩間温泉 元湯の再訪 
そして前回、この時はまだ営業していなかった山崎旅館にお邪魔することです

こちらも白山国立公園内にあり、こちらも通年冬季は休業
春、雪解けを待って県道が開通すれば無事営業開始というわけです
基本はこちら6月~11月までの期間限定の営業となります
こちらも大白川露天風呂同様、昨年2015年は9月にオープン
どちらも県道が通れないことにはなんともならない温泉施設なのです
温泉商売も儘(まま)ならぬものですねw

その県道53号の開通を待ちわびていたところ
山崎旅館のHP6月1日より、今年の営業を開始するとの案内がありました
(正しくは公式ブログ内にて書かれており、HPはあまり更新されてませんw
またフェイスブックもやっておみえです)
きた~~っ!! これは行かねば!!!w

この日早起きしてAM8時過ぎには国道360号から、その県道入口までわたくし来てましたw
イメージ 7
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3

事前情報通り、県道はゲートが開いておりました
ここ左にそのまま進めば白山白川郷ホワイトロード旧・白山スーパー林道)です
もちろん有料道路ですよw こちらは6月4日に全線開通してます
この入口から5キロ先 車で15分ほどのところに山崎旅館があります
イメージ 4

この県道53号 眼下に白山白川郷ホワイトロードを見ながら
V字谷の道をくねくねと進んで行きます
イメージ 5
イメージ 6

やがてその山崎旅館に到着 場所はこちら
地図には新岩間温泉と表記されてます)
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10


でもさすがにこんな早い時間なので、まだ日帰り入浴は無理だと判断
先に岩間温泉 元湯の再訪へと向かいました
(日帰り入浴の時間はAM11:00~PM16:00のようです)

で、岩間温泉 元湯への再訪を終えたわたくし、こちらにお邪魔いたしました
イメージ 11
イメージ 12

料金を支払い、玄関左手の浴場に向かいます
この時、ご主人から本日の湯はぬるめとなってます よろしいですか?のお言葉
基本ぬるま湯好きですから、わたくしいいですよの返事をします
その玄関内に日本秘湯を守る会の提灯が飾ってありました
この日はこちらの宿の姉妹宿 一里野(いちりの)高原ホテルろあんのスタッフの方が
お手伝いにきてみえました
そちらも日帰り入浴可能なようです HPこちら
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 24

お風呂に向かう通路から宿の中庭が見えるのですが、この左手の通路がのちのち曲者でしたw
イメージ 16
イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19

こちらは露天風呂が混浴であります
そのため脱衣所には青い湯衣腰巻)も用意してあります(女性用は赤です)
では早速服を脱ぎ温泉にGO!

特別天然記念物の噴泉塔のすぐ近くで湧く温泉です。高温で豊富な湯量を誇ります。
【泉質】 塩化ナトリウム物泉
【湧出量】 600リットル/分
・無色透明 ほぼ無臭
・源泉かけ流し(循環なし、加温加水なし)
【源泉温度】 97度
【効能】 貧血、神経痛、リューマチ、弛緩性便秘、水虫、喘息、胃腸疾患、慢性皮膚病などに効き目があります

イメージ 20
イメージ 21
イメージ 22
イメージ 23

やはりご主人の言われたとおり、この日は若干ぬるめでした・・・w
やや殺風景な内湯ですがw、ひとりのんびりさせていただきます
ところで普通は内湯の中に露天風呂への通路・出口があるのですがここにはなし
いったいどこにと探せば、脱衣所のところにドアが・・・
(露天風呂への案内がないので正直探しますw)
実は先ほどの湯衣が置いてあった場所にはこう書かれてました

露天風呂をご利用のお客様はこちらの腰巻をご利用ください。

ここで先ほど見えた中庭が問題となるのですw
この腰巻をしないと宿や休憩所から露天風呂に向かう姿が丸見えなんですw
ちなみに女風呂から露天風呂へはそのようなことはありません
露天風呂へのドアを開けた時はびっくりしましたw これって丸見え?w
そこにあった腰巻を借りて露天風呂にお邪魔します
イメージ 25
イメージ 26
イメージ 27
イメージ 28

こちらは露天風呂入口付近は非常にぬるめ
ぬるめ好きのわたくしでさえぬるすぎると言った感じ
でもお湯の湧き出し口あたりは大丈夫でしたw
イメージ 29
イメージ 30
イメージ 31

男湯側入口と女湯側入口の間に岩があり、その先でお風呂が一緒になってる感じです
この日はわたくしともう一人の男性以外、この時間はみえませんでした
その男性と岩間温泉 元湯の話しをします
まだ訪れたことがないといわれるので、是非行ってみて下さい(ただし要注意ですが)
と、お勧めしておきましたw
イメージ 32
イメージ 33

次回はその岩間温泉 元湯 再訪へのリポートです