山神のブログ2改

邪道温泉 お湯はぬるめの感がいい♪

松本市 白骨温泉 かつらの湯 丸永旅館

以前から一度は行こうと思いながらなぜか行ってなかった白骨温泉
ついに今回行って来ました

長野県松本市 国道158号から県道300号に入り
白骨温泉街へと入ります
その温泉街入口には観光案内所があります
嬉しいことにそこの案内所には日帰り入浴情報が貼られています
イメージ 1

イメージ 2

一応今回事前にどこに行くのかは決めてはいたのですが
参考にしたサイト 白骨温泉公式ホームページ 日帰り入浴の一覧リスト
見てやってきたのですが
これを見るとやはり情報通りではありませんでした
HPには白骨温泉公共露天風呂が紹介されているのですが
案内板には出ていません 
一体白骨温泉公共露天風呂はどうなったのでしょう?
冬季休業はすでに終わったと思えるのですが・・・

今回お邪魔したのはこの案内所より更に県道を奥に向かった
かつらの湯 丸永(まるえい)旅館です
白骨温泉で一番有名な泡の湯の一軒奥にある旅館です
イメージ 3

イメージ 4

泡の湯を通り過ぎた先にかつらの湯 丸永旅館はあります
場所はこちら HPこちら
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

県道沿いの駐車場に車を停め、館内へ
フロント・帳場にて日帰り入浴を申し込みます
イメージ 8

イメージ 9

利用時間 11時~15時
料金   600円
(注 白骨温泉公式ホームページでは500円になってますが間違いです)

この日はあいにくの雨模様のため、混浴である露天風呂の湯温が低いとの
お話を受けますが、元々ぬるま湯好きですから気にしませんw
フロント左手にあるお風呂場へ
イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

ちょっとレトロな脱衣所で服を脱ぎ、さあ温泉にGO!

丸永旅館の露天風呂は源泉掛流しの湯。
飲泉が出来るのは塩素等が入っていない証です。
ゆったりと落ち着ける岩風呂で白濁の湯を源泉掛け流しで
いつでもお楽しみいただけます。
白骨の大自然を眺めながら日頃の疲れをゆっくりとお流し下さい。
※露天風呂は混浴となります

泉質 含硫黄・カルシウム・マグネシウム・炭酸水素塩水
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、うちみ、運動麻痺、関節のこわばり、くじ
   き、慢性消化器病、痔病、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、傷、皮
   膚病、慢性婦人病、便秘、痛風、肝臓病、動脈硬化、胆のう炎、肥満、糖尿
   病、高血圧、貧血、リュウマチ

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 22

イメージ 17

イメージ 18

白骨温泉と言えばこの乳白色の温泉
いやあめっちゃいいですw
内湯の温度もわたくしには最適でもう最高でした
足をお湯に入れる時に床底が見えないのはちょっと怖いですが・・・
ひとりのんびりお風呂の縁に頭を掲げご満悦
イメージ 19

イメージ 20

さて気になる混浴の露天風呂へは・・・
イメージ 21

↑この窓を開けて行くんですよね
どっか出口があるもんだと探したのですが、ここしかありませんでしたw
いやいや珍しい造りです
窓を開けると階段があり、そのまま露天風呂の湯船へと入れます
イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

この湯船の底がつるっつるなんです
めっちゃすべりますから足元にはご注意下さい
フロントで聞いた通りこの日はぬるま湯
でもわたくし的には何ら問題はありません
誰も来ない露天風呂を貸し切りで楽しまさせていただきます
大きさはないですが気持ちのいい露天風呂です
ただ湯底に小石が転がっているためお尻に当たり痛いです
それをはねのけなくてはいけません

右側の板壁の先に女湯からの露天風呂出口があります
イメージ 27

イメージ 28

この日は女性客は残念と言おうか誰も見えませんでしたw
(いたらいたで多分びびって露天風呂には入れないでしょうが・・・w)
ひとり雨の中露天風呂を満喫したのでした

こちらの湯は湯上りしても肌にその匂いが残ります
温泉から出てもしばらくその匂いは続きます
わたくしこれ大好きなんですね
これぞ温泉に来たという気分になれます
わたくしこの白骨温泉は絶対おすすめです
是非一度訪ねてみて下さい