山神のブログ2改

邪道温泉 お湯はぬるめの感がいい♪

引っ越しのご案内

山神のブログ やっと再開です
ええ別のブログサイトに引っ越しましたがw

経緯
10月初め
ブログにて温泉記事を書きかけ画像を貼ろうとしたらいきなりエラー
ブログにて林道記事を書いても同じ症状・・・
なんだこりゃ?
ヤフーブログには以下の説明が・・・

一部のお客様のブログにおいて、画像が添付できない不具合が発生しています。
現在、原因を調査中です。詳細が分かり次第お知らせ更新します。
http://blogs.yahoo.co.jp/y_j_blog/35394285.html


一部のお客様に偶然にも選ばれてしまったわたくし・・・
その内、直るだろうと軽い気持ちでいたのですが、数日過ぎても変わりません

ブログ中毒のわたくし、これは我慢できないと引っ越しを考え始めますw
よそのブログサイトはどんなもんだろう?とこんなんを見てみました

無料ブログはどれを選ぶべき?いろいろ比較してみた(2016最新版)

それに拠(よ)ればFC2ブログが一番のお薦めであるとされてます
早速ブログを引っ越してみましたよw
(これを見るとヤフーブログは全くお薦めではないようですが
わたくしの周りと言うかヤフーブログの方が異常に多いと思うのですが気のせい?w)

で、続けてブログFC2ブログに引っ越ししようとしたら
なんとFC2ブログはひとりひとつしか開設出来ません・・・
ありゃ?こりゃ困った・・・
ならばと今度ははてなブログに引っ越すことにしました
こちらはいくつか開設が可能でして、ブログ ブログと引っ越しを無事終えます
じゃあとばかりブログはてなブログに変えようとしたら
なんとはてなブログは開設三つまででした・・・

こうしてわたくしのブログ引っ越しを終えたのですが
ちりちりバラバラになってしまいましたw

山神のブログ → 新・山神のブログ3 へ (峠・林道探索ネタ)
山神のブログ → 新・山神のブログ4 へ (廃業温泉・その他)
山神のブログ → 新・山神のブログ へ (G級スポットネタ)
山神のブログ → まだ引っ越ししてません・・・

以上の引っ越しとなりました
今後とも今まで通りにご愛顧のほどよろしくお願いいたします
タイトルもただ単に  を付けただけでなんのひねりも加えてありませんw
(今度引っ越すときは  にしておきますw)





その後、皆さんからナイスやコメントをいただくのですが
それをクリックすると

このページを表示できません

対処方法
と悲しい表示が続いてます
画像をいくら再度アップしても

選択した画像の容量の制限値(30MB)を超えている
もしくは何らかのエラーが発生したためアップロードできませんでした

のままです
ひどいときには 不正なアクセスです とまで表示される始末ですw

そして本日やっとヤフーから説明が・・・


投稿時の不具合について調査した結果、
Windows 10のMicrosoft EdgeでPCから投稿した場合に、
不具合が発生することが判明しました。
 
Windows 10のMicrosoft Edgeは、現在Yahoo!ブログの推奨環境に含まれておりません。
 
推奨環境外では正常に動作しない場合があるため、推奨環境からご利用ください

もうすでに遅いです(爆) 引っ越しちゃいましたw
(でも上のヤフーからの説明にみなさん文句のコメント入れてるのが面白いです
わたくしも一言いうべきでしょうか?w)

原因はWindows 10の更新を行ったためのようです
みなさんも簡単に更新しない方がよろしいかと・・・

今度とも新・山神のブログ2よろしくお願いいたします

 今後も温泉インデックスは利用しますので、そちらは更新されますよ

松本市 崖の湯温泉 薬師平茜宿

 

 

突然ですが湯けむりスナイパーと言う漫画をご存じでしょうか?

f:id:poseidonttzr:20161007185239j:plain

 

この漫画わたくし大好きでして全巻持ってますw

で、この漫画がテレビドラマ化された際にロケ地に選ばれたのが

長野県松本市

崖(がけ)の湯温泉 薬師平茜宿(あかねじゅく)です

早速どんなとこか?とお邪魔してきました

 

場所はこちら

f:id:poseidonttzr:20161007190039j:plain

f:id:poseidonttzr:20161007190241j:plain

f:id:poseidonttzr:20161007190448j:plain

f:id:poseidonttzr:20161007190730j:plain

 

高ボッチスカイラインを走ると、坂の途中に宿の入口があります

そこを入り、駐車場に車を停めます

f:id:poseidonttzr:20161007191459j:plain

f:id:poseidonttzr:20161007191659j:plain

f:id:poseidonttzr:20161007191913j:plain

 

館内に入り、日帰り入浴を申し込みます

f:id:poseidonttzr:20161007192158j:plain

f:id:poseidonttzr:20161007192338j:plain

f:id:poseidonttzr:20161007192556j:plain 

 

料金 大人 700円

時間 休前日午前10:30~午後3:00
  (※各種連休・お盆・年末年始等も休前日に
     含まれます)

   平日他:午前10:30~午後8:00

 

 HPより丸写ししたのですが、実際宿の入口に書かれた案内は違ってます

休日前 午前11:00~午後2:00

平日他 午前11:00~午後7:00です

どうやらHPを直してないようですね 注意してください

 

フロント横より奥に廊下を歩き、階段を下りた先がお風呂場です

ちなみにこちら日本秘湯を守る会の会員宿なんですが

目印のあの提灯が見当たりませんでした どこあったのでしょう?

f:id:poseidonttzr:20161007194444j:plain

f:id:poseidonttzr:20161007194904j:plain

f:id:poseidonttzr:20161007195105j:plain

f:id:poseidonttzr:20161007195357j:plain

 

脱衣所はやや古い感じがいたします

f:id:poseidonttzr:20161007195603j:plain

f:id:poseidonttzr:20161007195753j:plain

f:id:poseidonttzr:20161007195930j:plain

 

では早速服を脱ぎ、温泉にGO!

 

明治14頃 開湯の神経痛、胃腸病に特効があると言う温泉。

北アルプス連峰と松本平の夜景が感動を与え、

野天風呂より満天の星空を満喫出来ます。

すばらしい北アルプスの峰々と松本平が一望できます。

湯舟の中にいても勿論、野天風呂からも最高です。
鎌倉時代に起きた崖崩れの際に湧きだした水を引用しています。

 

泉質  カルシウム・マグネシウム

    -硫酸塩・炭酸水素塩冷鉱泉(中性低張性冷鉱泉

泉温  12.8℃

適応症 神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじ

    き・慢性消火器病 ・痔疾・冷え性・病後回復期・疲労回復・健康増進・きりき

    ず・やけど・慢性皮膚病

f:id:poseidonttzr:20161007200655j:plain

f:id:poseidonttzr:20161007200906j:plain

f:id:poseidonttzr:20161007201811j:plain

f:id:poseidonttzr:20161007202152j:plain

 

内湯は前面ガラスの大変明るい造りです

もう前には露天風呂が見えてます

f:id:poseidonttzr:20161007203138j:plain

 

お湯は適温 この日は平日 誰もおらずのんびりです♪

ご自慢の野天風呂

f:id:poseidonttzr:20161007203859j:plain

f:id:poseidonttzr:20161007204154j:plain

f:id:poseidonttzr:20161007204432j:plain

f:id:poseidonttzr:20161007204659j:plain

 

自慢通りの景色です これは素晴らしいですw

松本・塩尻市内 奥には北アルプスと 素晴らしい景色が見えてます

夜だったら夜景が素晴らしいことが容易に想像出来ます

f:id:poseidonttzr:20161007205634j:plain

f:id:poseidonttzr:20161007210025j:plain

f:id:poseidonttzr:20161007210405j:plain

 

ここの景色は文句なしです

秋風が時折吹くため野天風呂は寒く感じるときもありますw

f:id:poseidonttzr:20161007211409j:plain

f:id:poseidonttzr:20161007211717j:plain

 

冒頭で紹介した湯けむりスナイパーのロケ地の件ですが

こちらの宿内にはなんの表示もありませんでした・・・

(HP内の茜宿歳時記には紹介はあるのですがなぜか宿内では告知なしなんです)

実は露天風呂のシーンは別の温泉で撮影したとのこと・・・

これでは温泉宿としてはやはり面白くはないですよね

でも宣伝目的にもっと館内でも告知してもいいと思えるのですがねぇ~・・・

まあこのロケ地に選ばれなくても素晴らしい景色であることは間違いないです

阿智村 不動温泉 花菱

 

長野県下伊那(しもいな)郡阿智(あち)村の温泉と言えば昼神温泉が有名ですが
同じ村内のはずれにあるのが、不動温泉 花菱(はなびし)です
(同じ村はずれに月川(つきかわ温泉もあります
またすぐ近く飯田市に同じ名の不動温泉がありますが
そちらは一応奥天竜 不動温泉と呼ばれてます)

国道153号線沿いに施設があります 場所こちら

 

(以上ここまでがヤフーブログにて書いたものw)

f:id:poseidonttzr:20161006112433j:plain

f:id:poseidonttzr:20161006112504j:plain

入口を通り過ぎたところにある案内看板に注意しながら曲がりますw

f:id:poseidonttzr:20161006112718j:plain

駐車場に車を停め、館内に向かいます

f:id:poseidonttzr:20161006112823j:plain

f:id:poseidonttzr:20161006112849j:plain

フロントにて日帰り入浴を申し込みます

 

利用時間 11:00~18:00

料金   800円

 

↑花菱のHPには日帰り入浴の案内がありません・・・

f:id:poseidonttzr:20161006115129j:plain

 エレベーターにて3階に上がり、廊下を進みます

f:id:poseidonttzr:20161006115309j:plain

f:id:poseidonttzr:20161006115334j:plain

f:id:poseidonttzr:20161006115423j:plain

f:id:poseidonttzr:20161006115445j:plain

廊下の途中、休憩所にあった本棚にはなぜかハーレクイン小説がずらりw

f:id:poseidonttzr:20161006115639j:plain

f:id:poseidonttzr:20161006115703j:plain

 脱衣所はホテルらしく広いです

f:id:poseidonttzr:20161006115950j:plain

f:id:poseidonttzr:20161006120019j:plain

f:id:poseidonttzr:20161006120041j:plain

f:id:poseidonttzr:20161006120110j:plain

 では早速服を脱ぎ、温泉にGO!

 

自家源泉2本から豊かに湧き出す、南信州の名湯・不動温泉。
ぬるっとした肌触りのお湯は、入浴後でも身体を包み込むように温めてくれます。
男女別に大浴場・露天風呂がございます


泉質:アルカリ単純泉
効能:神経痛・婦人病等

 

f:id:poseidonttzr:20161006120333j:plain

f:id:poseidonttzr:20161006120400j:plain

f:id:poseidonttzr:20161006121736j:plain

f:id:poseidonttzr:20161006121800j:plain

f:id:poseidonttzr:20161006121820j:plain

内湯はふたつに分かれており右手の浴槽が一段高くなってます

その右手の浴槽にはジャグジーが付いており泡が噴出してます

窓の外には谷が流れておりその谷越しに山肌しか見えません

f:id:poseidonttzr:20161006122228j:plain

お湯は適温となってます

露天風呂は左手ドアから出たところ

そこにはなぜか石像が・・・

f:id:poseidonttzr:20161006122443j:plain

どうやら不動明王像っぽいのですがw

露天風呂はこの一段下にあります

f:id:poseidonttzr:20161006122628j:plain

f:id:poseidonttzr:20161006122700j:plain

中段のところにあるのが洞窟風呂です

f:id:poseidonttzr:20161006122821j:plain

f:id:poseidonttzr:20161006122903j:plain

f:id:poseidonttzr:20161006122930j:plain

f:id:poseidonttzr:20161006123615j:plain

こちら雨の日の利用にはいいのですが、洞窟風呂にしては入口がイマイチですw

岩を支えるためにコンクリートの支柱を施したと思われるのですが

これが雰囲気をぶち壊してます

もうひとつむき出しの黒ホースもいかがなものかと思われるのですが・・・

この一段下に源泉風呂があります

f:id:poseidonttzr:20161006123458j:plain

f:id:poseidonttzr:20161006123542j:plain

f:id:poseidonttzr:20161006123648j:plain

f:id:poseidonttzr:20161006123716j:plain

こちらも適温でしてゆっくりのんびり出来るようになってます

ここからは国道ものぞくことが出来ます

f:id:poseidonttzr:20161006123946j:plain

露天風呂からの景色はまずまずといったところでしょうか?

ちなみにこの男湯露天風呂の奥にある女湯露天風呂からの景色は

つまらないものだと容易に推測出来ますw

f:id:poseidonttzr:20161006124214j:plain

f:id:poseidonttzr:20161006124245j:plain

このさらに一段下には休憩所が設けられてますが

どうやら余り利用されてないようですw

f:id:poseidonttzr:20161006124554j:plain

f:id:poseidonttzr:20161006124626j:plain

色あせた板を見ると正直座るのが遠慮したくなりますw

雰囲気造りとしてはいいのですが・・・もう一歩ですかね?w

 

総じてこちらはお湯がややぬるめですしそんなに混んではいません

是非とまでは申しませんが、のんびりするにはお薦めですよ

引っ越しました

ヤフーブログの調子が悪く一向に治らないので思い切って引っ越しました

旧・山神のブログ同様ご愛顧のほどお願い致します

f:id:poseidonttzr:20161004125455j:plain

 

長野県下伊那(しもいな)郡阿智(あち)村 不動温泉 花菱の露天風呂

次回はこちらをご紹介

 

 

 

 

阿智村 不動温泉 花菱

長野県下伊那(しもいな)郡阿智(あち)村の温泉と言えば昼神温泉が有名ですが
同じ村内のはずれにあるのが、不動温泉 花菱です
(同じはずれに月川(つきかわ)温泉もあります
またすぐ近く飯田市に同じ名の不動温泉がありますが
そちらは一応奥天竜 不動温泉と呼ばれてます)

国道153号線沿いに施設があります

(なぜか画像が貼れません・・・ 途中記事となってます・・・)


一部のお客様のブログにおいて、画像が添付できない不具合が発生しています。
現在、原因を調査中です。詳細が分かり次第お知らせ更新します。
http://blogs.yahoo.co.jp/y_j_blog/35394285.html

↑10/1付 午後1:43 一部のお客様に選ばれてしまいましたw
どうなってるの?ヤフーブログさん!
決定を押すとエラーと表示されます
でもなぜか記事は更新されてます・・・
画像のみが貼れないようです 一体いつになるのやら・・・

2:23変わらず・・・

4:00変わらず・・・ 他の人はアップしているのになぜ?















阿南町 阿南温泉 かじかの湯

長野県下伊那(しもいな)郡阿南(あなん)町にある阿南温泉 かじかの湯
同町にある南宮(なんぐう)温泉の方から勧められて行ってきましたw
(この事情はブログにて紹介の南宮温泉を御覧ください)

国道151号線を走ればたくさんこちらの温泉の案内看板が出てますので
迷うことはないかと思います
イメージ 1
イメージ 2

大きな橋のたもとから脇へと入って行きます
イメージ 3
イメージ 4

ちなみにかじか(河鹿と書く)とはカジカガエルのことです
この絵↑だとハゼのようにみえますが、実際はカエルなんですw
カジカガエル

鳴き声が鹿に似るところから カジカガエルの別名

入口のアーケードにはゆうゆ~らんど阿南と明記されてます
こちらは温泉以外にもキャンプ場・和食処・
陶芸体験館(こねこねくらぶ←これは絶対米米クラブのパクリですよねw)
併設されており非常ににぎわってます
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8

多くの車がいる中、車を停め館内に向かいます
(こんなに車があっても実は意外にも温泉は空いてました)

営業時間 10:00開館~21:00閉館
定休日 毎週水曜日(祝日等により変更あり)

入浴料金
 大人500円(税込・中学生以上)
 小人200円(税込・3歳以上小学生以下)


イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13

受付にて料金を支払い、右手にある浴室に向かいます
(入浴券自販機はありません)
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16
イメージ 17

小奇麗な脱衣所で服を脱ぎ、さあ温泉にGO!

源泉名・・・阿南温泉
温泉の泉質・・・アルカリ性単純温泉
温泉の温度・・・摂氏31.9度
お湯の色・・・無色透明
効能・・・神経痛・リウマチ・筋肉疲労・慢性消化器疾患・疲労回復など

HPよりお借りしました
イメージ 18
イメージ 19
イメージ 20
イメージ 21
イメージ 29
イメージ 30

広くて明るい内湯には三つの浴槽とサウナがあります
浴槽のひとつは源泉風呂です
イメージ 22
イメージ 23

源泉の温度が31.9度ですからぬるいです
どうやらサウナのための水風呂のようなイメージですw
室内は明るくて広いしこの日は客も少なくて非常に気持ち良かったです
ジャグジー付きの大風呂は適温よりややぬるめでのんびり出l来ます
イメージ 24
イメージ 25
イメージ 26
イメージ 27
イメージ 28

いっとき内湯を楽しんだあとは露天風呂へ
イメージ 31
イメージ 32
イメージ 33
イメージ 34
イメージ 35

露天風呂の湯温も適温でしてここでものんびり出来ます
景色はここの場所が谷底のようなところにあるため見上げる形になります
イメージ 36
イメージ 37
イメージ 38
イメージ 39

まあそんなにはひどくもありませんから普通でしょうねw
南宮温泉さんが勧めたこのかじかの湯 確かに悪くはありませんでしたよw
果たして南宮温泉さんはここよりいいのでしょうかね?w

岡谷市 上諏訪温泉 ハイウェイ温泉 諏訪湖SA 下り線

中央自動車道 諏訪(すわ)湖SA(サービスエリア) 下り線にある温泉施設です
実は上諏訪温泉からの引き湯です
岡谷(おかや)市にある名称ハイウェイ温泉 諏訪湖SA 下り線です
上り線にも同じ施設があります ただし諏訪市になります)
SAの端っこにあるため場所がいまいちわかりにくいのが欠点
以前行ったときにはやはりわからなかったのですが
今回は敢(あ)えてSA場外から訪ねてみました
高速代を一切使わずに温泉を訪ねてみました
一般にSAなどは場外からも入場出来るようですから
その入口さえ見つければなんとかなりますw

で、SA付近を探していたらやはりありました 場所こちら
イメージ 1
イメージ 2

ここからぷらっとパークへ狭い道を入って行くと・・・
イメージ 5

突き当りに2台ほどお客様と書かれた駐車スペースがあります
ここに車を停め、SA内に向かいます
(この駐車スペースが狭いので注意 
他の駐車スペースはたぶんSA関係者がずらりと停めているので停めれません)
で、肝心の温泉はすぐ近くにあります
これはやはり場外から向かった方が断然楽ですよ
イメージ 3
イメージ 4

案内通りに階段を上るとその先すぐに温泉施設はあります
イメージ 6
イメージ 7

下り線の方が上り線より高台にあります
ここからすでに諏訪湖が見えてます

営業時間 10:00~21:00(閉館)、土・日曜、祝日は9:00~22:00(閉館)
無休
入浴料=大人590円、小人(6~12歳)270円

イメージ 8
イメージ 9

料金を支払い二階へと上がります(女湯は一階です)
イメージ 10
イメージ 11

温泉の趣(おもむ)きが全くないドアを開けますw
イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15

非常に狭い脱衣所で服を脱ぎ、さあ温泉にGO!

泉質 単純温泉

イメージ 16
イメージ 18
イメージ 17

ほんと内湯しかありません
お湯はやや熱めでして熱いのが苦手なわたくしには不向きw
蛇口から水は出てるのですがそれでも熱いです・・・
イメージ 19
イメージ 20
イメージ 21

でもなぜかこの日は誰も来ず、ひとり独占貸し切り状態でした
(受付の女性も暇そうに本を読んでみえましたからw)
とは言えここからの眺めはやはり大変よろしいです
イメージ 22
イメージ 23
イメージ 24
イメージ 25
イメージ 26
イメージ 27

窓ガラスが汚いのが欠点ではありますが、ほんと眺めはいいですw
諏訪湖の上を走る遊覧船や上り線を走る車などが見えます
しばし足湯の状態でのんびりさせていただきました

他の高速道路にも温泉施設がここ以外にもあるようです
ただし盗難事件が多いと注意書きがあったので
ロッカーキーは肌身離さず身に付けておいた方が無難です
今度はここより広いと言われる上り線の施設にもいつか行ってみようと思います