山神のブログ2改

邪道温泉 お湯はぬるめの感がいい♪

掛川市 掛川つま恋温泉 森林乃湯

その中に日帰り入浴専門施設 掛川つま恋温泉 森林乃湯があります
今回はそこを訪ねてみました 地図はこちら

こちらへは東名高速 掛川インターより向かうのですが
地図で見ると高速沿いに南ゲートがあります
そちらの方が高速出口より近いので向かってみると・・・
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3

平日はこの南ゲートは閉まっており土日しか入れないようになってました
また森林乃湯へは正面(北ゲート)からしか入れないこともわかりました
折角近道したつもりが大回りする羽目になりましたw
10分ほど掛けて正面(北ゲート)にたどり着きます
イメージ 10
イメージ 4

ここで入園料を支払うのですが館内の行き先を係りの方から聞かれます


つま恋入園の際ゲートにて大人1,000円、小人500円の入園料をお支払いただきます
(同額のチケット付)
受付カウンターにて、チケットとの差額をお支払いください

森林乃湯に向かうことを伝えるとなんとこちら11時からの開館でした
てっきり10時からだと思っていたわたくし1時間待つ羽目になりましたw


平日は11時からの入場だったのですw
待つ間にこちらの池をのぞいたのですが鯉が泳いでおりました
で、初めてわたくし拝見したのがこれ↓ 鯉のエサの自販機ですw
イメージ 16
イメージ 17
イメージ 18

それはそうと仕方なく施設の前の駐車場で待つのですが、駐車場にはたくさんの車
おや?まだ時間には早いのにこんなにお客さんが待っているのかと思いきや
これはお隣りにあるゴルフ練習所のお客さんでしたw
イメージ 5

11時まで待つのですが、実は10分ほど前から入場できます(フライングOKですw)
こちらにお客はそんなに多くはないだろうと踏んでいたのですが
なんと!?皆さん時間前から玄関口に並んでみえました
意外な盛況ぶりにあわてて入場するわたくし
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9

帳場にて入門ゲートでいただいたチケットを差し出し、差額の30円を支払います
(入浴料金計1.030円です)
ロッカーの鍵をいただきお風呂のある2階へと向かいます
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 19
イメージ 20


こちらは内の湯外の湯、二か所あり男女日替わりとなってます
この日の男湯は外の湯でした

日替わりカレンダーはHPでお確かめ下さい
イメージ 21
イメージ 22
イメージ 23
イメージ 24

この日は多くのお客さんがみえたので脱衣所も狭く感じました
では早速服を脱ぎさあ温泉にGO!

泉質 ナトリウムー塩化物温泉(低張性・弱アルカリ性温泉)
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消火器   
    病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、切り傷、火傷、慢性皮膚病、虚弱児
    童、慢性婦人病

イメージ 25
イメージ 26
イメージ 27
イメージ 28
イメージ 29
イメージ 30

実は外の湯の内湯は大きくなく、こちらの自慢は露天風呂の広さです
露天風呂にはたくさんの種類のお風呂がありました
(説明は省きますw)
イメージ 31
イメージ 32
イメージ 33
イメージ 34
イメージ 35
イメージ 36
イメージ 37
イメージ 38
イメージ 39
イメージ 40
イメージ 41
イメージ 42
イメージ 43
イメージ 44
イメージ 45

眺望の湯から見えたのは駐車場で待つ間にお邪魔したあの鯉のいる池ですw
当館自慢の自然のパノラマ と謳ってますが大したことはないですw
むしろ同じ眺望が見える眺望サウナの方が自慢できると思います
イメージ 46

これだけの広さですから多くのお客さんがいても気にはなりません
ただわたくしの求めるのんびりゆったりとはゆきません
日帰り入浴専門施設にそれを求めても仕方のないことですが・・・
料金が1.030円と高めですがそれをカバーするだけのお風呂の数ががあります
ちょっとリッチにお風呂に入る気分の日にはお勧めの入浴施設でした

なおこちらいつも温泉ネタでお世話になってる 
http://www.geocities.jp/onsenbaka1/img014.gif さんも訪れて評価されてます
記事はこちらです 是非参考にされて下さい