山神のブログ2改

邪道温泉 お湯はぬるめの感がいい♪

大野市 六呂師高原 トロン温浴施設 うらら館

こちら以前ブログ廃業温泉・休業温泉にて取り上げた施設であります
2012年末に経営破たんで閉鎖した施設であります

で、実はこのブログ4で取り上げたこの温泉(天然温泉ではありません)が
いきなりヒットし、多くの方に見ていただくことになりました
えっ!?なんで???
こんな廃業温泉にみなさん興味があるのか?とよくよく調べたところ
こちら今年2月リニューアルオープンしたのでした
イメージ 1

どうやら債務問題が解決し、再開となった模様です
おお!ならば行ってみるかとお邪魔してきました
イメージ 2

イメージ 3

県道26号を走りますと、以前同様県道221号に入るところに
案内看板が出ています
トロン温浴施設 うらら館
看板に従い県道を走ると右手に大きな駐車場
その奥に施設が見えます
場所こちら HPこちら大野市市営施設となってます)
イメージ 4

イメージ 5

でっかい駐車場 これと言った仕切り線もなく
みなさんなるべく施設の近くにと車を停められています
イメージ 6

イメージ 7

施設内に入り、靴をリターン式コイン下駄箱に入れ
入浴券自販機にて券を購入
下駄箱の鍵と交換で脱衣所ロッカーの鍵をいただきます

営業時間 午前10時~午後9時
休館日  毎週月曜日(休日の場合はその翌日)
入浴料金 大人 600円

イメージ 8

イメージ 9

受付から右手奥に入浴施設があります
イメージ 10

イメージ 11

殺風景で無機質な脱衣所で服を脱ぎ、さあ温泉にGO!

「うらら館」は六呂師高原の雄大な自然の中にあるトロン温浴施設です。
保湿や美肌、強壮効果などがあるトロン浴槽をはじめ、
50℃の低温で体への負担が少ない健康サウナや六呂師高原の澄み切った空気を
満喫できる露天風呂などを備えています。

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 17

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

トロン鉱石を原料にしたお風呂では、血行を良くするなど、
天然トロン温泉と同じく、多くの効能が得られます。

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

天井も高く、広さもあります
が、これと言った特徴もないのも事実なんですよね
お客さんはぼちぼち入ってます 混み入ってはいません
場所柄地元の方が多いようですね
露天風呂は?と言うと
イメージ 21

イメージ 22

高原の澄み切った空気を感じながら浸かる露天風呂。
晴天の夜には星空も満喫できます。
横になって浸かる寝風呂も新たに登場しました。

イメージ 23

イメージ 24

この日はあいにくの雨模様
屋根のない露天風呂は辛いです
さすがに誰も露天風呂を利用されていませんでした
もちろん野ざらしの寝風呂も誰も利用していません
塀は高く全く景色もありません・・・
イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

雪深いところですから、かすかに残雪も見えるのですが
これと言って何も見えない露天風呂です

折角リニューアルオープンしたのですから
もう一工夫していただきたかったです
地元の方は通うかも知れませんが遠方から来る人には
もう一度来ようと思わせるものがありません
折角の再開ですから今後に期待したいと思います