山神のブログ2改

邪道温泉 お湯はぬるめの感がいい♪

下北山村 下北山温泉 きなりの湯

池原ダム堰堤の真下にあるのが下北山スポーツ公園
イメージ 1

その一角 きなりの郷にあるのが下北山温泉 きなりの湯
イメージ 2

イメージ 3

国道169号からきなりの郷へと入って行くと施設があります
場所こちら HPこちら
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

施設前の大きな駐車場に車を停め、館内へ
イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

玄関を入り靴を下駄箱に入れ、すぐ右手にあるのがレストラン きなり亭
ここで池原ダムカレーが食べれます(ブログ5にて紹介済み)

こちらを奥へと進んで行くと温泉入口があります
イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

入口を入った右手の入浴券自販機にて券を購入
券をすぐ前の受付に渡し、脱衣所へ・・・

営業時間 平日   午前11時~午後9時(閉館午後9時30分)
     土日祝日 午前10時~午後9時30分(閉館午後10時)
休館日  
第2第4火曜は定休日となります。

入湯料  一般大人(中学生以上) 600円

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

この日は槙(まき)の湯と呼ばれる方に・・・

槙の湯の浴槽やカマチ、スノコ
この地方に育った樹齢100年余の槙の木を
板に挽いて3年寝かしたものを使用しています
きなりの香りを充分に満喫してもらうために
浴槽はシンプルにし、壁には桧の丸太を
使用しています

  
もう一方は栃(とち)の湯だそうです 男女日替わりで入れ替えだそうです

栃の湯は、主に石材を用いた大浴槽の他に、
気泡によるマッサージ効果のある浴槽、打たせ湯、
サウナ、水風呂など多重浴を楽しむ浴室で、
内装は村の木である「栃」にちなんで林立する
栃を模したタイルを用いています

ではさっと服を脱ぎ、温泉にGO!

泉質 ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉
効能 リウマチ性疾患(神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・関節のこわばり)、
   婦人病、自律神経失調症、慢性消火器病、疲労回復、うちみ、くじき、健康増
   進

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

内湯はふたつの浴槽とサウナ付き
一方の浴槽はぬるめ設定のわたくしには嬉しいところであります
イメージ 25

イメージ 26

場所柄なんでしょうか、余りほかにお客さんはみえませんでした
お陰でのんびり浸かることが出来ました
イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

お気に入りのぬるめの湯 ちょっと浅いのが欠点です
でもこのぬるめの湯だけがちょっとした硫黄臭とぬめりを感じることが出来ました
窓の外に見えてる露天風呂は・・・
イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

屋根付きの露天風呂とサウナ出口に水風呂
周りは塀で囲まれており景色はありません
塀越しに見えるのはスポーツ公園の球技場
イメージ 35

イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イマイチ特徴がない温泉ですが、のんびりだけは出来そうです
静かにくつろぐには最適な温泉ではないでしょうか?