山神のブログ2改

邪道温泉 お湯はぬるめの感がいい♪

南知多町 山海温泉 和風旅館 粛海風

愛知県に唯一あったとされる混浴温泉
新城市湯谷(ゆや)温泉 お食事処 ゆかわが混浴を中止したのち
(そのゆかわはその後廃業 詳しくはこちら(拙ブログ4にて))
愛知県内で混浴出来る施設がこちら
山海(やまみ)温泉 和風旅館 粛海風(しゅくかいふう)
があったのですが日帰り入浴は食事付きしか無理なようでした

で、実はこちら以前に休業した足湯を訪ねています
(記事こちら
その時の調べで、どうやら入浴のみの日帰り入浴が出来るらしい
というわけで宿に問い合わせたところ
日帰り入浴が可能だと判明いたしました

愛知県内最後・唯一となった混浴温泉にお邪魔してみました
場所はこちら HPこちら
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 5

イメージ 4

もう外観からして高級旅館であります
駐車場に車を停め、館内へ・・・
イメージ 6

イメージ 7

もう宿に一歩足を踏み入れた瞬間から高級感が十二分に漂っております
わたくしには正直場違いな感じがいたします・・・

帳場にて日帰り入浴を申し込んだところ
この日はなんと受付時間が過ぎてました・・・

日帰り入浴可能時間 11時~14時

電話で問い合わせした時に14時からと聞いていたのですが
それが聞き違いでして14時まででした・・・
たまたまこの日の宿泊客がまだみえていなかったお陰でしょうか?
許しをいただき、入浴出来ることに・・・
(チェックインは15時からですが・・・)

料金2,000円を支払います
めっちゃ高いですw さすが高級旅館です
イメージ 8

帳場より”こ”の字に曲がりエレベーターで7階に上がります
イメージ 9

イメージ 13

イメージ 10

イメージ 11

7階に下りますと右手が女湯入り口
イメージ 12

男湯入り口は右側ですが、更に階段で上に上がります
イメージ 14

イメージ 15

イメージ 37

イメージ 16

8階にあるこちらが天上の湯 露天風呂です
イメージ 19

イメージ 17

早速脱衣所で服を脱ぎ、温泉にGO!

■温泉の泉質: ナトリウム 塩化物強塩泉(高張性弱アルカリ性低温泉)

見渡す限り、伊勢湾を堪能できる「天上の湯」をはじめとした露天風呂を
2種ご用意しております。
その他に3種の貸切露天風呂も完備しておりますので、
それぞれ趣の違うお風呂をご堪能ください。
イメージ 18

イメージ 20

屋根のついた露天風呂
四方には窓がありますが開放してあります
イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 29

海風を感じながらのんびり目の前の伊勢湾を見つめます
時折寒く感じるので窓を閉めようとするのですが
なぜか釘が打ちつけてあり窓が閉まりません・・・
冬場は窓は閉まると思いますが、ここは冬は寒いでしょうねw
お湯は無味無臭
強塩泉なのですが塩味は全く感じられません
もしや露天風呂は温泉ではない?
内湯の月の湯のみが温泉なんでしょうか?
(温泉分析表がどこにもありませんでした・・・)

さて右横の一段高いとこにあるのが混浴風呂です
イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 31

10人以上は楽に入れる大きな露天風呂
ちょっと熱めの設定でした
今は夏なので日差しが厳しい上でのこの混浴露天風呂はちょっと辛いです
イメージ 28

イメージ 30

イメージ 32

もちろん混浴風呂の先は女風呂なんですが、実は見えちゃいますw
イメージ 33

この日は誰も見えませんでしたが、女性の方は要注意です
(男風呂は窓・目隠しがない分、女性からはもっとはっきり見えてしまいますがw)

正直これで2,000円は高過ぎです
まあ高級を売りにしてますからそれなりの値段設定かも知れませんが・・・
さすがにこのお値段では混浴に出没すると言うワニはいないでしょうねw
イメージ 34

イメージ 35

イメージ 36

こちらお風呂でお酒がサービスがいただけますよ
こんなサービス初めて見ました これいいですね
でも、もちろん日帰り入浴利用の運転ではお酒はいただけませんが・・・

さて宿を出ましたら玄関に、この日のお客さんの為でしょうね
打ち水と篝火(かがりび)に火が燈されてました
雰囲気がありますよね
イメージ 38